本日私が目撃したナタデココ入りの製品と腸内環境への影響

本日私はあるドラッグストアに足を運んだのですが、そこでちょっと独特な製品を目撃しました。

ナタデココが入っている製品です。 ヨーグルト味のジュースなのですが、その中にはかなり多くのナタデココが入っているようなのです。私はそれを見て、あれは腸内環境にはとても良さそうだと感じました。

ナタデココの中にある食物繊維で腸内環境が整えられる

ナタデココの特徴なのですが、食物繊維がかなり豊富に含まれています。それは腸内環境に対しては、良い影響を及ぼすと見込まれているのですね。

その繊維の特徴ですが、お腹の中を清掃する役割があると見込まれています。思えばこんにゃくなどもそうですね。あの中にも多くの食物繊維が含まれているのですが、お腹の中を掃除して環境を整えてくれるという話はとても有名です。

ナタデココの中にもその繊維が多く含まれていますので、やはり上記のジュースを摂取すれば、お腹の中の環境はかなり良くなってくれると察します。もちろん上記のジュースだけでなく、ナタデココが入っているスイーツなども腸内環境を整えてくれるでしょう。

ジュース内の乳酸菌が腸に働きかける

また前述のように、そのジュースはヨーグルト味です。恐らくあのジュースの中には、乳酸菌が含まれていると思いますね。

参照先:植物性乳酸菌、はじめましょう

ちなみにそのジュースの中にある乳酸菌が小腸や大腸まで届いてくれるかどうかが、不明です。もしかすると胃酸に弱いタイプかもしれません。

しかし最近では、たとえ胃の中で死滅させられても、乳酸菌はお腹の調子を整えてくれるという意見もあります。死滅した乳酸菌は、お腹の中で生息している善玉菌のエサになってくれるからです。それでお腹が善玉寄りになって、腸内環境が整えられるのですね。 食物繊維が多く含まれている上に乳酸菌も含まれている推理できますので、私は上記のように思った次第です。

乳酸菌の選別ポイントと実績

乳酸菌の製品は、非常に多くあります。お腹の調子を整えるために乳酸菌の摂取を検討している方々も多いかと思いますが、製品の数の多さは難関の1つになります。数が非常に多いとなると、どれを選べば良いか迷ってしまうからです

多くの方々が利用したある乳酸菌の製品

049

 

ではどうすれば自分に最適な乳酸菌を選ぶ事ができるかと言うと、実績ですね。果たして何人くらいの方々が乳酸菌を用いていたのか着目してみると良いと思うのです。

例えばある会社が販売している乳酸菌の製品なのですが、まず販売数が非常に多いですね。すでに300万もの製品が販売されているのだそうです。

それと、それを利用した方々の人数もまた非常に多いです。合計で30万人以上の方々が、その製品を摂取したと言われています。

 

多くの方々がそれを利用している以上は、やはり高く評価されているのでしょう。そもそも低く評価されているのであれば、そこまで多くの方々が利用しているとは考えづらいですね。

また別の乳酸菌の製品の場合は、上記の製品に比べると販売数は多いようです。まず販売数は、810万前後のようですね。それとそれを利用した方々の人数は、合計80万人前後だったようです。非常に多くの方々がそれを利用しているのは明白ですから、その乳酸菌の商品も無難だと思います

実績に注目をして乳酸菌を選別

032乳酸菌の製品を販売しているメーカーの方々は、このように何らかの実績をアピールしている事が多いです。その実績が豊富な乳酸菌を選ぶのが、無難だと思いますね。

何も人数だけに限りません。年数などもその1つになるでしょう。「販売されてからすでに10年が経過」等とアピールしている商品もあると思いますが、それも信頼できると思いますね。

乳酸菌を選ぶ時には、このように実績に注目をするのが良いと考えます

お腹の中で増殖してくれる力が強いLカゼイ菌という乳酸菌

乳酸菌が力を発揮してくれるかどうかが、繁殖力に左右される一面があります。そもそも菌類は、細胞分裂などを行って積極的に繁殖を行っていますね。その力が強い方が、もちろん大きな力を発揮してくれる可能性が高まります。

繁殖力がとても強いLカゼイ菌

ところで乳酸菌の1つに、Lカゼイ菌と呼ばれるものがあります。その乳酸菌は、私たちにとってはとても身近な存在です。コンビニなどで販売されている商品の中にも、その乳酸菌を多く含んでいる物があるからです。
Lカゼイ菌の特徴の1つなのですが、繁殖力が非常に大きいです。他の乳酸菌と比べてもかなりの力がありますので、お腹の環境を整える上で非常に頼もしい存在だと思いますね。

他の菌よりも繁殖力が強い

ある時に、ある方々がLカゼイ菌に関する実験を行ったようです。他の乳酸菌の繁殖力と比較をする実験ですね。
その結果、Lカゼイ菌は繁殖率が80%近かったようです。繁殖を開始する前のLカゼイ菌の数が100だとすると、数時間経過した後の数は180前後だった訳ですね。わずか数時間でそれだけ多くのかずが増えるのは、生命力の強さを物語っていますね。何とも頼もしい菌類だと思います。
それに対して別の乳酸菌の場合は、それほど数が増えていません。100に対して140程度だったようです。中には120前後の乳酸菌もあったようなのですが。
ですのでLカゼイ菌は繁殖力が非常に強いわけです。多くの乳酸菌が生息している方が、もちろん大活躍をしてくれるでしょう。数が少ないよりは、やはり多い方が腸内の環境の改善も見込めるかと思います。
ですので便秘に悩んでいるような時には、Lカゼイ菌を摂取してみるのも1つの方法ですね。たくましい菌ですので、大活躍をしてくれると思います。

悪玉と善玉のバランスを整えてくれるLカゼイという乳酸菌

私たちのお腹の中には、必ず3種類の菌が生息しています。善玉と悪玉と日和見菌ですね。
乳酸菌の特徴は、そのバランスを上手く整えてくれる点です。基本的には善玉菌の数を増やして、お腹の調子を整えてくれる訳ですね。そのような特徴を持つ乳酸菌は沢山ありますが、その1つはLカゼイ菌です。

善玉菌の数を大きく増やすLカゼイ菌

ある時に、そのLカゼイ菌に関するとても興味深い実験が行われたそうです。培養実験ですね。
ある方々が、Lカゼイ菌と善玉菌を一緒に培養してみたのだそうです。すると24時間後には、とても大きな変化がありました。善玉菌の数が激増したようなのですね。24時間後には、約20倍にもなっていたのだそうです。
お腹の中で善玉菌が増えれば、日和見菌もだんだんと善玉よりになってくれます。善玉が増えてくれれば、もちろんお腹の調子は良くなってくれるのです。ですのでLカゼイ菌には、善玉菌の数を増やすメリットがある訳ですね。

悪玉菌も減らしてくれるLカゼイ菌

また上記の培養実験ですが、Lカゼイ菌と悪玉菌も一緒に培養してみたようです。その結果、悪玉菌の数は大きく減りました。約40%ほど減ったそうですね。
前述の日和見菌ですが、お腹の中で悪玉菌が減れば、ますます善玉よりになってくれます。つまりLカゼイ菌には、悪玉を減少させて善玉を増やしてくれる働きがある訳ですね。
ちなみにLカゼイ菌と聞くとちょっと専門的に聞こえるかもしれませんが、実はそれは比較的簡単に摂取する事ができます。コンビニなどで販売されている乳飲料の中にも、Lカゼイ菌が含まれている物が多くあります。ある食品メーカーから販売されている乳飲料が、それに該当するのですが。
ですので便秘を感じているような時には、ちょっとコンビニでそのLカゼイ菌が入っている乳製品を購入するのも1つの方法ですね

カルピス社のL29の乳酸菌とその主な特徴

カルピスという会社は、恐らく多くの方々がご存知かと思います。非常に有名な会社で、独自の味覚がある飲料を作っていますね。
あのカルピスの中には、もちろん乳酸菌が含まれています。ただしカルピス社が提供している乳酸菌の場合は、胃酸に対する抵抗力を持っているのが特徴ですね。

胃の酸にとても弱い乳酸菌とカルピスによるL29

人間の体の中に入って来た乳酸菌は、胃の中にある酸で溶かされてしまう事が多いのです。その酸の力は非常に強く、100の乳酸菌の99を死滅させてしまうと言われています。折角お腹の調子を整えるために乳酸菌を摂取しても、胃で溶かされてしまっては効果も薄れてしまいますね。
しかし乳酸菌の中には、胃酸に強いタイプもあるのです。それが前述のカルピス社が注目している、L29と呼ばれるタイプです。
L29のタイプは胃酸に強い性質を持っていますので、生きのびて大腸や小腸まで届いてくれます。それ腸内環境を整えてくれますので、あまりお腹の具合が良くないような時には、カルピス社から販売されているL29入りの商品を購入するのも1つの方法ですね。

アレルギーに強いカルピス社のL29

ちなみに乳酸菌の摂取を検討している方々の中には、ちょっとアレルギーに悩んでいる場合があります。食品アレルギーや花粉など色々なアレルギーがありますが、乳酸菌はそれに対してポジティブな効果が見込めるのですね。
中でもカルピス社による乳酸菌を含む商品は、その効果が非常に強いと言われています。ですのでアレルギーに悩んでいる方なども、上記の商品を購入するのが良いと思います。
ただしその商品には、即効性はありません。しばらく期間が経過してから効果が見られるパターンが多いので、長期間摂取するのが大切ですね。1ヶ月や数ヶ月程度は続ける方が良いでしょう。

防御力が高く胃酸にも耐えることができるプロテクト乳酸菌

乳酸菌の中には、プロテクトと呼ばれるタイプがあります。その乳酸菌の特徴なのですが、胃の中でも耐えることができる点ですね。なぜ耐えられるかというと、とても分厚い細胞壁を持っているのだそうです。

細胞壁の厚さが特徴的なプロテクト

高校などで生物の授業を受けた方はお分かりかと思いますが、細胞壁は細胞の一番外側にあります。動物の場合は細胞膜が一番外にあるのですが、植物の場合は細胞壁ですね。細胞壁の中に、細胞膜があるイメージです。
ところでその壁は、菌類によって異なっています。中にはその壁が非常に分厚いタイプもあるのですが、その1つがプロテクト乳酸菌なのです。
例えば他の乳酸菌の壁の厚みを、2だとしましょう。プロテクト乳酸菌は、6ぐらいですね。壁が厚いだけに、色々な物から細胞を守ることができる性質を持っています。

胃の強い酸にも耐えられるプロテクトの細胞壁

ところで乳酸菌が人間の大腸や小腸に届くまでには、難関を突破しなければなりません。その1つが胃なのですね。胃の中は多くの酸で満たされていますが、それは乳酸菌を死滅させてしまう力を持っているのです。殺傷力は非常に強いですね。
ところでプロテクトの場合は細胞壁が非常に分厚いので、防御力が非常に高いのです。ですので胃の中に入っても、酸に耐えられるだけの力を持っているのですね。それで大腸や小腸に届いて、お腹の調子を整えてくれる訳です。
ちなみにプロテクトというのは、英語では防御といった意味合いでしょうか。この「防御力が強いので腸まで届きやすい」のは、プロテクト乳酸菌の特徴の1つと言えるでしょう。ですので乳酸菌の製品を作っている各メーカーとしても、そのプロテクトのタイプを高く評価している事が多いです。